ここは俺の備忘録だ

少なくとも日本語での言及が少ない話をするつもりです

大学生時代に聴いていた音楽を振り返る

こちらは TUT Advent Calender 7日目の記事です。6日目は @akahana_1 氏の「そのフォントサイズほんとに9pt?―jsclassesのフォントサイズ指定について」でした。彼のような殆ど居ないけれど1人は必要な編集勢が居るおかげでTUTの技術誌は成り立っております。それを慮るに、是非報われて欲しいものです。(人生とか?)

前置き

さて、技術ネタを既にQiitaに2本投稿予定であるため、こちらではB3編入から現在まで聴いていた音楽について垂れ流そうと思う。 今回は卒論修論その他作業に役立てば良いと考えて早めにエントリーした。しかしわりかし良い曲をチョイスしたつもりであるし、何より刺激が強い物が多々混じっているから役に立たないかもしれない。

B3

どうやら最初は AOKI takamasa だったらしい。アルバムRV8から2曲。

soundcloud.com

soundcloud.com

こういうズンドコミニマルも好きだが、個人的にはもう少し(ノイズにしろ)色気がある辺りが好きだ。 同氏のPARABOLICAが一番好きなアルバム。

https://www.amazon.co.jp/PARABOLICA-AOKI-takamasa/dp/B000ICLZ8Q/

AOKI takamasa のRemixだと、このMADに用いられた WAR & PEACE AOKI takamasa REMIX が印象的だ。

www.nicovideo.jp

その頃やってたニンジャスレイヤーフロムアニメイションで知ったのがMelt-Banana。 結構長らく活動しているらしいけど知らなかった。貼れるものが無かったのでamazonで失礼。

https://www.amazon.co.jp/Fetch-Melt-Banana/dp/B00ESPGN3G

ポップなものも売りがあれば良く聴く。次は吉田一郎

www.youtube.com

ZAZENBOYSのベース(3代目だっけ?)だったが、最近になって辞めたらしい。私はZAZENBOYSのファンでもあるから、このベースの才能が抜けるのは結構悲しい出来事だった。 まぁこれ以前から個人で作曲していたのは知っているし、今後の彼も追いかけたいと思う。 アルバムは最近疲れ気味の少しひねくれたおっさん(つまり弊大の学生とか)におすすめ。

Amazon CAPTCHA

高専時代からずっと聴いている気がするのがMermonte。

www.youtube.com

フランスのレンヌと言う街に集った複数のアーティストから瞬間的に構成されたバンド。2アルバム出してもう解散済み。

www.youtube.com

マイナーだし枚数も少ないので気に入った方は是非購入しておこう。視聴環境レベルを上げて殴れ。

音ゲーにありそうな感じになってたSquarepusher君。

www.youtube.com

続いて PaRappa the Rapper の Romantic Love Remix も良かった。ニコニコにもオリジナルや初音ミク含め優れた方が沢山居るのは知っているから、それなりに探している。

www.nicovideo.jp

カタカナ英語の良さを感じる。Youtubeを覗くと英語圏の人にもウケが良いようだ。

Mouse on MarsグリッチノイズましましなIDMも好きだ。特にParastrophicsのCriket。以下で視聴できる。SoundCloudは基本中の基本。

soundcloud.com

Bonoboの電子音楽。Cyriakは珍妙な電子音楽界隈に合いすぎる。こういったえげつない映像を作る人を追いかけるのも楽しみの一つだ。

www.youtube.com

とはいえ他の映像作家なんて詳しくない。僕が良く聴く warp records に顔を出す面子くらいだ。 Chris Cunningham とか jesse kanda とか。

www.youtube.com

www.youtube.com

(ただjesse kandaは映像というか FKA twigs とか Arca のジャケットとかで評価されている感有るが…)

8割くらい作業させる気の無いラインナップですがそうでないと記憶に残らない… 例えば、基本は環境音楽でありながらもたまに前衛的になるようなグループだと Penguin Cafe Orchestra もおすすめしたい。

この頃のジャズだと Yusef Lateef の Love Theme From Spartacus (1961) をヘビーローテーションしていた。

www.youtube.com

最初の20秒で購入が決定した。

Jamie XXはThe XXのメンバーだが、 The XX より彼個人の方が圧倒的に好みである。

www.youtube.com

www.youtube.com

新譜下さい。

どうやら日付を見たら元旦も音楽を聴いていたらしい。 それはそれとして METAFIVE はライブ版の音響が非常に良い。これに比べるとCDは平たい印象で、少し残念。

www.youtube.com

ここでヘッドホンがレベルアップ。Fidelio X2が届く。開放であるのに重低音がしっかりしており、そつなく必要なものを揃えている感じがゴールデンイヤー監修という感じ。 しかし側圧が強く、頭が大きめの私には長時間使えないという悩みから、次の年には家族に譲ってしまう。

ジャズというと古い物ばかり漁っていたが、Robert Glasper のおかげで現代ジャズもよく聴くようになる。 なにより現代は録音が良い…

www.youtube.com

www.youtube.com

アルバムは Black Radio がおすすめだ。

なお、色んなジャンルを高音質高画質で視聴したい方に Full Performance (Live on KEXP) は宝の山だったりする。

続いて Oneohtrix Point Never を聴く。天才というか、人類とのクオリアの剥離が凄そうな人。

www.youtube.com

www.youtube.com

実際に子供時代は所謂ポップでメジャーなものがサイケだったりグロテスクに見えていたそうで、 この次に作られたアルバム GARDEN OF DELETE はその感覚を着想としたらしい。ここには載せないが、えげつない電子音が好きな人にはおすすめしたい。

唐突ですがインダストリアル・ノイズのお時間です。

vimeo.com

ノイズの音作りにさえ拘りを持ってくれれば、マクロな構図が素朴なミニマルであっても最高だ。

左右。インディーズというか、かなりマイナーですが偶然引っ掛かった。 歌詞が良い。

www.youtube.com

静かすぎる昼下がりの住宅街を歩きつつ、神経質な妄想に取り憑かれる…物語性だなぁなど。

B4

一発目はBattles。昔聴いた時は正直よく分からなかったが、ここにきて私の中で謎の再評価が行われていた。

www.youtube.com

www.youtube.com

ただやっぱり最近のアルバムの曲はよく分かっていない。お客様の中にマスロックの詳しい方はいらっしゃいますか?

日本語ラップも全然いける。金と自身の成功と女以外を歌うラッパーは良い物だ。

www.youtube.com

映画の切り抜きで構成されているが、これらの元ネタも割とおすすめできる。友人と映画を見まくりたい。

レベルアップ。アンプが付く。バランスなんて気休めと考えて身の丈に合わせたつもりである。

非常に申し訳ないが、最新作を聴いてもClarkはやっぱりこの頃の世界観が好きだ。 タンザニアオオヤスデが可愛く見えてくる。

www.youtube.com

www.youtube.com

indigo jam unitもまた、気が付いたら解散していた枠…

www.youtube.com

大学生の間はこれ以上投資しないと決め最終形態をセレクト。 「低音の立体感」という表現が今までよく分からなかったが、このヘッドホンを使ってみると本当に立体的に出てくるから驚きだ。 それなりの重さなものの、装着感も良い。良い買い物をした。

Hiatus Kaiyoteはグラミー賞とってるし言うまでもないかもしれない。 (Robert Glasperも取ってる。念の為。)

www.youtube.com

www.youtube.com

これが合うなら Choose Your Weapon はアルバム通して本当に最高だから是非勧めたい。

ねこ of 2016

注目ポイントは胸毛

M1

Ben frost。エレクトロ・ノイズの天才。bandcampにて視聴と購入が可能。 やっぱり作者やレーベルに直接金を払った方がWin-Winである。(なんと言ってもflacが安く買える)

benfrost.bandcamp.com

豪雪地帯における吹雪に見舞われる主観をノイズによって表現する手法は見事で、狼の弦のような唸り声のノイズ表現も生命的な険しさを良く表せている。

冷徹な電子音に外観を寄せつつ、なおエッセンスはドラマチックなアルバム Aurora も素晴らしい。

www.youtube.com

これ以降の最新盤もあるものの、いまだ追えていない…ノイズは休憩時間が必要(˘ω˘)

どうやらポストダブと呼ばれる辺りが自分にとって気楽に飽きの来ない音楽を聴けるジャンルとして機能しているらしい。Mount Kimbeもその一例だ。 彼らがダンスミュージックを意識してない所もプラスに働いている。

www.youtube.com

www.youtube.com

水曜日のカンパネラはざっとしか聴いてなかったので、コミカルだったりポップさがある所にシリアスに振った曲があって耳に留まった。 歌詞も良い。

www.youtube.com

Louis ColeはThundercatのインタビューを読んでいる時に名前を見掛けたんだけど、面白い人だった。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

変人感演出もさることながら、タイトな音作りが結構好み。

Clams Casino は飽きずに聞けて良い。ジャンルはえーっとウィッチハウスだろうか、正直この辺は詳しくない。

www.youtube.com

皆さんにはずっと頭の中でランダムに鳴る割には名前が思い出せず、煩わしい1曲があったりしないだろうか? んでこの頃ようやく思い出したらしい。M83である。

www.youtube.com

こういう高音のテーマには弱い。他には Oneohtrix Point Never の Zebra や、The Chemical Brothers の Swoon とかも名曲だ。

www.youtube.com

www.youtube.com

Blue man group は名前だけ知ってたけどまともに聴いたことが無かった枠である。 真面目に聞いてみたら普通に良かった。反省している。

www.youtube.com

彼らが参加している NPR Music Tiny Desk Concert も宝の山。

Brian Blade はかなり好きなドラマーである。ブラストビートなんて気にしないし、音の配置で空間を作るような彼のスタイルが非常に耳に合う。

www.youtube.com

www.youtube.com

取り敢えずここに上げた2曲は何度も繰り返し聴いていた記憶がある。

ラストは今イチオシのビートメイカー BINKBEATS だ。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

作曲センスは勿論の事、使う楽器も何でもありだし(紙コップを砕く音をその場でサンプリングしたり)、色々自作しているのも面白い。才能まで含めて心技体がビートメイカーという感じだ。 個人的にはbandcampやらで金を払いたいのに新作EPをyoutubeに公開してしまうなどの大盤振る舞いをしていることが気になってしまう…対価を払わせて欲しい。

www.youtube.com

気に入ったらBoiler Roomの方もどうぞ。

www.youtube.com

Boiler Room は作業音楽を探すのにうってつけである。ジャンルも幅広い。

その他

出所が不明な音源へのリンクは控えたかったので載せなかったが、Steamのゲーム、 Lisa シリーズの音楽にも大分はまった。 久々に時間を忘れて夢中になった良いゲームだった…音楽では既存のゲーム音楽を超え、電子音楽の枠ですら独創性が垣間見える程だと思われる。 是非探してみて欲しい。

またNicolas JaarのSirensも良かった。多様でマイナーなジャンルを血肉とし独自性を追求している人物は大概良い音を出す。

私は皆様のおすすめの音楽を随時募集しております。

明日はmaggyotomo氏の「乗り鉄拠点としての豊橋の優位性」。なんか書いてくれる皆様のおかげで今日も健やかに眠れるのであります。